シマシマ、水玉、クシュクシュ、ひらひら・・・

「KIKUKOのウキウキ夢の靴下」
可愛いネーミングでしょ?
空豆の入り口近くに
並んでる靴下たちです。
KIKUKOさんは新潟の靴下職人さん。
衣服展を主催されている
沼田塾さんが新潟を仕事で訪れたとき
知り合われ、それを通じて
ここ空豆にやってきました。
この靴下はゴム糸と言われる糸は
使用していません。
それでも足にフィットしてくれるように
上質の補強糸という糸と綿混合系の収縮を
利用して足に食い込みのないように編まれたもの。
機械の編む速さを遅くしてやんわりと編んだことで
洗濯機の洗いを繰り返しても柔らかさを損なわないように
創意工夫の上に編み上げました。3回以上、
お洗濯してもらうとどんどん足になじんできます。
品質の良い糸を選び、足先、かかと、足首などが
強くて心地良いように丁寧に作られた靴下です。
私も気がついたら
すっかり、きくちゃんの靴下のとりこ。
履き心地や耐久性もあり、靴下を
ぬいだ時に?繊維が指先にくっついていない!
足と靴下が摩擦してても耐えうる布地
なのかなと感じます。
この時期2重3重履きしてたら寒くたって
快適に過ごすことができます。