DM(表) 吹きガラス作家 彰子さんをイメージして。

花豆
豆皿
このタイトルは
彰子さんの
ガラス展をお願い
しようと思った時から
ずっと頭にあった文字。
どこから読んでも
いいし、
目で、感覚で、
捉えてもらってもいいし。
きまりはない…
彰子さんの器はそんな
存在なのです。