感謝の気持ちを込めて

無事に空豆10周年記念イベントを終え、
今はこの長い期間にお世話になった方々へ
お礼のお手紙を少しづつ書いているところです。
毎年さらりと過ごしてしまう
5/13の記念日。
毎日が大事と思っているので
イベントはあまり行ってきませんでした。
でも10年という区切りの年に
思い出に残すことができて良かったなと
ココロからそう思っています。
この3日間はお客様と
昔の思い出話に華がさき、
つい..うるっとなったことも多々。。
……。
思い返せば周囲の大反対を押し切って
無謀にも3階で飲食小売店で
告知もほとんどせずのスタートから
始まり、やはり1、2年は何処かに
行きたくても、
出張販売の交通費も出せない日々。
ただただ自分を信じ、
作り手の方々としっかり話し合い、
大切なお客様の口に入るものだから、
本当に正しいもの、
心から自信を持って紹介できるもの
だけを少しづつ増やしていったように
思います。
そしてありがたいことに、
その当時インターネットが急速に普及し始めてた頃
お店に来て下さった方がブログに書いて下さって
そのことを読んでお友達が来店されたり、
このさくらビル2Fにある井上歯科の皆さん、
福岡の空パンさんや珈琲chibaさん、
佐賀のイワイ家具さん(仲間の人たち)
久留米にあるKAICOさんや日々さん、
ボンヴィボンさん、沼田塾さん、
当時 アテカフェさん晴るさんやコハコさんetc..
小さなお店やひとりで活動されている仲間のような
ひとたちが、口伝えで空豆の存在を紹介してくれたり。
ひとりで店をやっているのですが、
それには、その裏には、
数限りないひとたちの支えが
あったからこそ、
この日を迎えることが
できたのだと思います。
感謝してもしても
足りないくらいです。
いつかはお客様に、
お世話になった方々に、
ご恩返しがしたいなと
思っているのですが、
やはり私ができることといえば
いつも通り、11年目も変わらず
このお店の扉を開ける事かなと思います。
とてつもなくマイペースな私ですが、
空豆共々、これからもどうぞよろしく
お願い申し上げます。
それからもう一つご報告。
5/13より
屋号が、
「カンブツ屋+cafe 空豆 」
から
「 空 豆 」に変わりました。
店の形態はまったく
変わっていません。
芯は変わらず。
よりシンプルに
より丁寧に
よりジユウに
なるために。