桑迫賢太郎さんの月齢カレンダー。

長崎雲仙市在住 画家 桑迫賢太郎さんの今年で14年目になる「月齢カレンダー」。月の満ち欠けと絵画。紙の質、デザインやサイズは変わらず、絵の部分だけが毎年変わっていきます。

日々の生活に寄り添うようなシンプルな絵は、強く主張することなく、それでいて存在感はあり、穏やかで毎日みていてもあきることがありません。数年前のカレンダーを見返したとしても新鮮ささえ感じます。このカレンダーは上質な紙を使用していますので、絵の部分を切り取りポストカードとして12枚使うことが出来ます。私の場合、日付の部分も名刺サイズにカットしてメッセージカードやメモ書きの紙として使っています。

表紙の裏には、月や太陽との暮らしかたがわかりやすく書いてあります。ぜひ読んで見てくださいね。

桑迫賢太郎 『somewhere』

「2021 月齢カレンダー」 定価 1,800円(税別) 空豆にて販売中。

桑迫賢太郎カレンダー原画展のお知らせ。

2020年11/14(土)—11/16(月) open 12:00〜17:00

11/20(金)—11/23(月.祝) 12:00〜17:00

11/27(金)—11/30(月) 12:00〜17:00

会場 桑迫賢太郎アトリエ

〠 859-1308 長崎県雲仙市国見町神代辛464

TEL 090-4515-7371

⁂ 空豆よりお知らせ。11/29(日)は1日アトリエに出向き、カフェのお手伝いに行く予定にしています。