詩の朗読会にご予約下さったお客様へ。

昨日、詩人である稲尾さんよりメッセージをいただきましたのでご紹介致します 

朗読会 (おおきなうみへ) にご予約くださった皆さまへ

この度はとても残念なご報告をすることになりました。12月23日の朗読会を中止する運びとなりました。 私の実家から、今冬は帰省を見合せて欲しいという要望があり、帰省が出来ず、行くことができなくなりました。楽しみにしてくださっていたと思うのですが、大変申し訳ありません。とても残念なのですが、また状況が緩和した際、春か、夏か、秋になるかわかりませんが、空豆さんで、必ず朗読会をしたいと思っています。そう願っています。 大変冷え込んで参りました。皆さま、暖かくして元気でお過ごしください。

稲尾教彦

空豆より↓

17日に稲尾さん自身から電話連絡をいただき、ここ数日、急激に変化があったことで、悩み悩んでの苦渋の決断だったと思います。

ご予約のお客様にはこの日の為に、時間を作って下さり、そして楽しみにされていた事でしょう。それでも、ご報告の電話のやりとりでは皆様全員から思いやりの言葉や稲尾さんを気遣う言葉をたくさんいただきました。本当に救われました。

また、いろいろなことが落ち着いた時には、改めて開催の報告をさせてください。どうぞよろしくお願い致します。

それから、稲尾さんの分身のような菓子美呆(カシミホウ)の焼き菓子が近いうちに空豆に届く予定。19日に北海道から発送され、この雪の状況なので、入荷次第お知らせします。