工房Baum(バウム)さんのお香。

店の営業日の朝。

掃除が終わり、準備が整ったらお香を焚く。

必ず行う最初の儀式。

私にとってお香は日常に欠かせないもの。

今回ご紹介する工房バウムの釣さんご夫婦とは、

毎年恒例の水瓶マーケットがご縁で親しくなり

最近では、木工作家の旦那様から

店内で使うカトラリーを作ってもらいました。

そんな中、バウムさんの作るお香が気になり、

セージ、ヒノキ、杉 の3種が入っているお試しセットを購入。

全てのお香を店内で焚いてみたところ、香りがとにかくやさしくて、

残り香がしつこくなく、清々しく、まるで森林浴をしているかのように、

ふか〜い深呼吸ができたのです。

それもそのはず、材料は葉や枝そして山の水のみ。

ヒノキと杉は工房周辺の山で採取されたもの、

ホワイトセージはカルフォルニアのオーガニックのものを使用されています。

ひとつひとつ手作業で作られていて、化学物質は一切入っていません。

石油で作られた化学物質のものは、体内で分解されにくく、

体外に排出されにくいと言われているだけに、

日々使うものはできるだけ自然に近いものをと心がけています。

明後日から始まるゴールデンウィーク。

空豆では4/29〜5/4期間中

「お香とヒノキの精油ウイーク」と題して紹介すると共に、

店内をバウムさん手作りのお香やヒノキの精油の香りにしたいと思っています。

見本も用意していますので、気軽に声をかけてくださいね〜。

家時間のリフレッシュなどお役に立てれば幸いに思います。

(ヒノキの精油のことはまた後日にご紹介しますね!)