14才。

感 謝

今日も、穏やかで良き一日。

午前中は、街中にある神社へ出向きお札をいただき、

この1年無事に店を続けられた事に感謝しながらお参りし、

そして店に戻って、空間にもお礼を言いながら、

ホワイトセージのお香を焚きました。

気持ちがキリリとなります。

おかげ様で本日5/13で空豆は14年を迎えることができました。

去年から引き続きのこのご時世、、

うちの様な小さな店が続けていられることが奇跡。

まいにち奇跡的なことが続いているのです。

つい最近、20年以上業種は違えど、

お店をされている先輩からメッセージが送られてきて、

「何度も壁にぶつかり、自問自答しながら、正解も間違いもなく、

自分が自分らしく日々を過ごすことが大切」とのこと。

本当に沁み入る言葉。

思い返せば、空豆の初オープンからなんの苦労もなくとか順風満帆なはずもなく、、

数え切れないたくさんの壁にぶつかり、その度に成長させていただき、

大変ななかでも、その何倍もお客様をはじめ

たくさんの様々な人たちに助けられ、そして支えられてきました。

そのことに心から感謝する1日でもありました。

明日から、15年目!

いつものように淡々と。

かわりなく。