豆乳カルボナーラ。

佐世保市の港近くに4代続く井手こんにゃく店はあります。井手さんファミリーは私にとって親戚のよう(勝手に思っています) そう、忘れもしない…十数年前初めてお宅におじゃました時3代目のお父様から4代目の息子さんに代を継ぐ時の壮絶エピソードをはなしてくれて全員で号泣した仲ですから。離れていても久留米が災害でニュースになる時などいつも心配して連絡をくれて、訪れた時はご近所さんみたいに気さくに出迎えくれるそんな温かい人たちなのです。

井手さんのこんにゃくは、なんでこんなに美味しいんだろう。。こんにゃく特有のくさみみたいものがほとんどないのです。その疑問を何度か尋ねたことがあります。やはりこんにゃく芋粉のランクの高い品質のものを使用して、アク抜きをきちんとされていたりと想いを込めて昔ながらの製法でコツコツと丁寧に、を貫いてあるから。おかげで安心してお客様にお渡しすることができています。

先日のイベント、パンケーキの会のおそうざいを考えている時、井手さんの生姜こんにゃく麺を使って何か作りたい!と思いたち試行錯誤の中ようやく完成した豆乳カルボナーラ。当日食べていただいたお客様や、空豆のブログを読んでくださったお客様からもよく聞かれたので、今回レシピをご紹介したいと思います。作り方は簡単で、本物のカルボナーラと違って麺がふやけないので常備菜にもぴったり!!

『生姜こんにゃく麺の豆乳カルボナーラ』

○用意する材料

生姜こんにゃく麺 2袋 にんにく1かけ ベーコン60〜70g 玉ねぎ中サイズ1/2こ 塩 適量

A 豆乳(もしないときは牛乳も可) 300cc 米粉大さじ2 だし(ブイヨン)大さじ1 ※この3つの材料をボールに入れて泡立て器などでよく混ぜ合わせておいてください。

○作り方

① こんにゃく麺は袋から取り出して軽く洗ってザルにあげ軽く塩を加えて混ぜ合わせておく。そして沸騰したお湯の中に入れてしばらくしたらザルに引きあげ粗熱をとる。その後、好みの長さにカット。*通常こんにゃく麺は下茹で不要、このレシピは水分を飛ばす理由でゆがきました。

②フライパンにオリーブオイルや菜種油をひき、2つに割ったにんにくを入れ香りが出たら取り出し、好みにカットしたベーコンと千切りにした玉ねぎを入れよく炒める。しんなりしてきたらAを入れ4〜5分ほど弱火から中火弱くらいでコトコト煮る。途中焦げないように時々かきまぜる。

③とろみがついてきたら、茹でておいたこんにゃく麺をいれ、塩で味を整え、お皿に盛り、黒胡椒をお好みでふりかけたら出来上がりです。

イベント後、井手さんにこのレシピ伝えたらすぐ作ってくれて、画像まで送ってくれました。嬉しかったな〜。グルテンフリーを意識されてる方や、なんといってもこんにゃくはローカロリーで水溶性食物繊維も豊富。もしご興味のある方は作ってみてくださいね。